12年11月29日

橋下大阪市長さん!市政そっちのけでいいのですか

「日本維新の会」の代表代行を務める橋下徹大阪市長さん!公務そっちのけでいいのですか。

自治体の本来の使命は、憲法と地方自治法に基づき「住民の福祉の増進をは図る」(地方自治法第1条2項)ことです。市長にはその責務を先頭に立って果たす責任があります。

それなのに国会解散翌日の17日以降28日までの12日間で橋下市長が市役所に登庁したのは、市議会本会議が開かれた20日だけということです。それ以外で市長として姿を見せたのは、22日の関西広域連合の会議だけと聞きます。こんなことでいいのでしょうか。

市長が公務そっちのけで国政政党の幹部として総選挙の全国遊説に明け暮れている事態に大阪市民から厳しい批判の声があがっているそうですが、当然です。大阪市民さんもっともっと怒れ!

>>関連「しんぶん赤旗」11/29日記事

コメント2通 “橋下大阪市長さん!市政そっちのけでいいのですか”

  1. 名無し 12年11月30日 0:10:32 #

    > それ以外で市長として姿を見せたのは、22日の関西広域連合の会議だけと聞きます。

    この「関西広域連合の会議」で「維新」を支持しろと主張したと記憶しています。
    つまり、選挙運動をやっていた。

    ということは、一日しか仕事をしていない。
    そうなると、その一日も、何していたのやら、と勘繰りたくなります。

    能力が足りないからか、高給で特別顧問たくさん雇っている。
    自分で仕事をしろよ!と言いたくなります。

  2. 名無し 12年12月1日 1:27:00 #

    誰もが無事に年を越せ暖かい正月を迎えられるように
     
     
    「ヒト、モノ、カネ、情報があふれ、昼間人口が千五百万人にまで膨れ上がる東京。この大都市の足元で病気や飢えで力尽き、ほっておかれる悲劇が後を絶たない。

     一人暮らしのお年寄りとは限らない。障害のある子と老親といった家族が共倒れになっている。これが繁栄を誇ってきたもう一つの首都の現実だ。」

    東京新聞:都知事選告示 足元の暮らしこそ語れ:社説・コラム(TOKYO Web)
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012113002000122.html

トラックバック URI | コメント RSS

コメント募集中