12年5月17日

辛亥革命記念館訪問<日中友好倉敷・岡山支部>

(5月13日、辛亥革命記念館を表敬訪問しました=日中倉敷・岡山支部の皆さん)

日中友好をより進めるためには、中国の歴史・文化について学ぶことが大切だと思います。

その立場で、昨年の辛亥革命100年記念・今年の日中国交回復40年にあたり、日中友好倉敷支部では、神戸の孫文記念館や孫文と親交のあった岡山の犬養木堂記念館を見学するなど、学習をしてきました。このたびは、昨年10月、オープンした「広州辛亥革命記念館」を訪れ、辛亥革命を支援した日本人と100年前の中国と日本について勉強しました。(5月13日)

関係者によると、この施設のある長州島は面積約132・000㎡で、辛亥革命や孫文の革命遺跡の出来るだけ近くにという意図を持って建設され、西側に約70・000㎡の中山公園、周囲には軍官学校、列士墓、長州砲台、金花古廟、など中国近代革命の遺跡26箇所あり、観光事業や都市建設、経済建設とも深く関連されています。観光スポットの多い観光ルートとなっています。

(中国語で書かれた倉敷市の観光パンフレットを記念館館長に手渡す私)

トラックバック URI | コメント RSS

コメント募集中