12年11月14日 の記事

12年11月14日

いよいよ解散・総選挙

いよいよ衆議院の解散、総選挙の日程が決まりました。衆議院は16日解散し、12月4日公示、16日投票に決まりました。

消費税増税という国民に対する公約違反をしておいて、もう一方で国民の民意を切り捨てる比例定数を削減することは、二重に許せないことです。しかし解散自体は、国民のたたかい怒りの声に追い詰められた結果ではないでしょうか。

日本共産党は、野田内閣が国民への公約を裏切って消費税増税を強行し、日本農業を破壊するTPP参加を持ち出し、オスプレイの配備や、米軍の新基地建設、原発の再稼働など、さまざまな国民の利益に反する暴走を繰り返してきたことを批判してきました。

今度の選挙でこれらのすべてに国民の怒りの審判を下し、日本共産党の躍進で、民主党政権による暴走を食い止め国民が求める新しい政治を切り開く選挙にするため頑張りたいと思います。