'よし子の活動報告' の記事

13年1月14日

昨日は倉敷消防出初式

 倉敷市民会館で、午前9時より平成25年倉敷消防出初式があり出席しました。私にとって議員として出席する最後の出初式でした。出口で整列して挨拶している消防職員一人一人に心を込めて目礼して回りました。「永い間お疲れ様!」言葉が返ってきます。私は毎年出初式に参加してきました。

労働組合がない消防職の問題を議会でも、積極的に取り上げ待遇改善や増員提案など消防行政に力を入れて取り組んできました。職員からもいろいろな相談を受けてきました。まかり間違えば命の保証もない職場です。また地域消防団は最大のボランティアです。

危険物の集積した水島コンビナートを抱える倉敷消防です。一層の充実を期待するものです。

親愛なる消防関係者のみなさん今年もよろしくお願いします。

12年11月13日

安全柵急いで=玉島みなと公園

(玉島みなと公園)

玉島みなと公園は、オープン以来大勢の人々で、いつも賑わっています。「海側に安全柵をつけて!」何人もの方から言われました。オープン行事の際、関係職員にそのことは伝えていますし、その後も「公園緑地課」に何度も念押しをしてきました。

このほどその目途がつきました。材料が整い次第(12月3日ごろ)工事にかかるとのことです。海岸管理道(県)と公園との境に安全柵を設置するとのことです。

12年11月11日

強烈!世界的視野の防災講演

玉テレ創立30周年記念「防災シンポ」を聴講し、強烈な印象を受けました。

とりわけ危機管理アドバイザーであり、危機管理教育研究所代表 岡崎 信江氏の話です。さすがに国境なき技師団の一員として、海外での防災教育活動家だと深く感銘しました。

女性として、生活者の視点で防災・防犯・事故防止対策を具体的に、しかもグローバルに語られ、私の防災意識の甘さが打ちのめされたようなショックを受けました。

実践・体験に基ずく講師の今日の話を私なりに咀嚼するには今少し時間がかかると思いました。奇しくも今日11日は、3・11大震災の月命日です。

12年10月14日

倉敷市総合防災訓練

倉敷市は本日、9時より主会場を倉敷市中庄の倉敷スポーツ公園とし、市内各地域避難所(小学校など45カ所)で、倉敷市全域を対象とした初の総合防災訓練を行いました。

「マグニチュード9の巨大地震が発生し、倉敷市で震度6強を観測し、沿岸部では3m以上の津波襲来、家屋の倒壊や、道路寸断等の被害が相次ぎ、二次災害も発生」を想定に行われました。

主会場のこの訓練には市民、消防、警察、自衛隊、医療機関などが参加し、地区会場参加者と合わせて、4700人が参加しました。

12年9月30日

日中国交回復40周年<文化講演会>=日中友好協会倉敷支部

日中国交回復40周年の9月29日、日中友好協会倉敷支部(大森久雄支部長)は、日中国交回復に尽力した「岡崎嘉平太の生涯」と題する文化講演会を倉敷市立美術館で開きました。(写真は講演をする河田啓子さん)

講演会には、台風接近という状況下にもかかわらず80人近くの方々が参加されました。開会あいさつに立った栗本泰冶支部理事長は、「尖閣問題で日中関係は緊迫していますが、40年前の日中国交回復じ知恵と運動に立ち返り、平和的な解決を」と述べました。

講師の岡崎嘉平太記念館の元館長の河田啓子さんは、1時間30分にわたって講演され、  つづきを読む »

12年8月28日

明日は議会運営委員会と議会適正合理化推進審議会が開かれます

明日は9月議会に向けての議会運営委員会が開催されます。また同会議の閉会後、9月議会に提案予定の議会基本条例の最終審議が行われます。

夏の終わりとともに、議会は9月議会へ向け一気に始動開始ですし、政局も風雲急を告げています。季節の変わり目の健康管理とともに、ペース配分を考えながらエンジン全開で頑張りたいと思っています。

本日行いました中国経済産業局への申し入れ活動の報告は後日書きます。ところで、広島駅で昼食に食べた「広島お好み焼き」の野菜の多いのには驚きました。まさに健康食ですね。さすがにご当地グルメと感心しました。お値段は850円也でした。

12年6月30日

年金者組合倉敷支部24回定期大会に来賓として参加

年金者組合倉敷支部大会が倉敷労働会館で開れ来賓として出席しました。

市内に高齢者の組織は多数ありますが、年金者組合は要求実現の運動を中心にまさに戦う組織です。2011年度の活動報告がそれを物語っていますし、2012年度の運動方針も消費税にたよらない最低保障年金制度の創出などを目指しています。そのために地域老人クラブや町内会にも積極的に参加し訴えていくなど幅広い活動を目指しています。

年金者組合はかって現役時代職場で頑張ってこられた方々が多く大会の中身も「さすが~」と思いました。

12年6月27日

春の院展開幕=倉敷市立美術館で7月8日まで

第67回春の院展」倉敷展が倉敷市立美術館で始まりました。会期は7月8日までで、会期中は無休です。初日のきょうは、10時から開会式典がありました。

私は文化振興財団評議員・市議会議員両方の立場で出席しました。作品は131点で、日本美術院の同人作品32点と、入賞・入選作99点です。

春の院展倉敷展は2002年から毎年開かれ今年で11回目です。私は毎回観させていただいていますが、今年の作品には迫力と意気込みが感じられました。改めてもう一度出かけたいと思っています。

12年6月24日

倉敷の子育てと教育を考える会

本日、倉敷保健福祉プラザで、岡山教育文化センターの田中博氏をお招きして、「教育懇談会」(倉敷の子育てと教育を考える会主催)が開かれました。

田中氏による「中学校の武道(柔道)必修化の問題点」の講演は、実技を交えながらのお話でその問題点がとてもよく分ったと好評でした。(田中氏は柔道3段)

また話し合いの中で、「倉敷市教育振興基本計画」についての感想が出されました

①英語に特別重点を置く倉敷市の教育について ②学校ソーシャルワーカーについて ③教育委員会に警察OBを配置していることについてなど感想と意見が出されました。それをうけてフロアーから私がその経過と現状を報告しました。なお質問者は、「倉敷市教育振興基本計画」について教育委員会へもパブリックコメントをされたそうです。

12年6月11日

増税談合許すな!消費税10%ストップ!

消費税増税をめぐり情勢は緊迫しています。

15日にも「修正」合意し、会期末の21日までに衆院採決をねらう民自公の増税大連合の動きにストップをかけ、法案廃案に追い込むために世論と運動を急速に高めなければなりません。「増税談合許すな!」「消費税10%ストップ!」その願いをこめて夕方から後援会の仲間と「提言」ダイジェストパンフを配りました。

12年5月28日

広州市人民政府外事弁公室よりメール

広州市中山(孫文)紀念堂にて

先の倉敷・岡山日中友好協会の「広州辛亥革命紀念館」訪問にあたり、私たちがお土産として持参しました資料に対する感謝のメールが、広州市人民政府外事弁公室より届きました。(南京中北友好国際旅行社曹陽氏経由)

私たちが、お土産として持参したのは、岩波文庫の「三民主義」同じく岩波文庫の「孫文革命文集」の3冊の本<<三民主議<<

更に犬養木堂が孫文の思い出を書いた叢書と木堂の孫に当る緒方貞子さんも出席して開かれたシンポジュウム「木堂とアジアの人々」の記録集を犬養木堂記念館の館長のメッセージ(辛亥革命記念館館長にあてた)とともに持参しました。

お礼のメールには「ご贈与の貴重な資料はすでに関係部面に転送し、中国語への翻訳も着手されました。」とし「これからお互いに交流がつづけられ、ご都合の良いときに再度ご来訪を歓迎いたします。我々もチャンスがあれば倉敷市と岡山市へお訪ねいたしたいと思います。」とあります。(写真は訪問団を代表して挨拶をする栗本泰治日中友好倉敷支部理事長)

なおこの「広州辛亥革命記念館」を日本から訪れたのは、我が倉敷・岡山日中友好協会が2番目とのことです。また私が持参しました中国語版の倉敷市の観光パンフも大変喜ばれました。メールの最後には「今後双方の努力で日中両国間の友誼をより一層深めようとお祈り申し上げます。」とありました。

日中国交回復40周年にふさわし意義ある友好の旅でした。

12年5月17日

辛亥革命記念館訪問<日中友好倉敷・岡山支部>

(5月13日、辛亥革命記念館を表敬訪問しました=日中倉敷・岡山支部の皆さん)

日中友好をより進めるためには、中国の歴史・文化について学ぶことが大切だと思います。

その立場で、昨年の辛亥革命100年記念・今年の日中国交回復40年にあたり、日中友好倉敷支部では、神戸の孫文記念館や孫文と親交のあった岡山の犬養木堂記念館を見学するなど、学習をしてきました。このたびは、昨年10月、オープンした「広州辛亥革命記念館」を訪れ、辛亥革命を支援した日本人と100年前の中国と日本について勉強しました。(5月13日)

関係者によると、この施設のある長州島は面積約132・000㎡で、辛亥革命や孫文の革命遺跡の出来るだけ近くにという意図を持って建設され、西側に約70・000㎡の中山公園、周囲には軍官学校、列士墓、長州砲台、金花古廟、など中国近代革命の遺跡26箇所あり、観光事業や都市建設、経済建設とも深く関連されています。観光スポットの多い観光ルートとなっています。

(中国語で書かれた倉敷市の観光パンフレットを記念館館長に手渡す私)

12年4月26日

今日も多忙な一日でした

 本日、午前10:00より玉島商工会議所で第65回玉島まつり運営委員会がありました。私は参与として出席しました。

24年度の玉島まつりは、8月4日(土)に、昨年と同様倉敷市・玉島商工会議所・倉敷観光コンベンションブーローなどの共催で行います。

場所も昨年と同様、新倉敷駅前通り及び駅前南公園周辺で行います。

●午後からは、13:00より玉島婦人協議会総会記念行事が玉島市民交流センターで盛大に行われ来賓として参加しました。●夜は写真のようにわが市議団主催の議会報告会。議会報告会の内容は改めて後日書きます。

12年4月22日

突然脚が・・・・

一昨日街頭に立っていた時、突然右脚が痛んで踏み立つことが出来なくなりました。

この夜は、個人演説会もあり、杖を突いての移動でした。「明日(21日)午前、午後2台の先導があるのに・・」とその夜ずい分心配しましたが、朝になると痛みはやわらぎ、何とか歩けるようになりました。

走行中車がパンクしたり、口は口内炎にかかるし、いろいろとアクシデントに見舞われ、満身創痍の感ですが、30数年の経験を生かし何とか切り抜け、最後まで頑張り、任務を全うすることが出来ました。有森裕子さんではありませんが『私を褒めてあげたい』。ふとこの言葉を思いました。

12年4月12日

玉島西中学校の入学式

今日は市内の中学校の入学式。私は私の母校玉島西中学校へ。玄関前の蘇鉄が見上げるほど大きくなっています。

玉西中は、今年で創立66年になります。今年度の新入生は、165人です。クラスは5クラスです。校訓は「誠実に たくましく」です。

午後からは文化産業委員会がありました。委員会の報告は後日書きます。明日は市内の公立幼稚園の入園式です。私は地元柏島幼稚園に出席します。

12年4月10日

ミニ集会

昨日は、矢引亮介さんとセットで、乙島地区ミニ集会に参加しました。私は市民の目線で見た4年間の伊東市政について報告をしました。

矢引さんは、消費税の問題とこれに対する伊東市長の評価と倉敷駅鉄道高架事業の問題点など、めざす政策について分りやすく話しました。

ところで、12日に文化産業委員会が開かれます。委員会に先日の強風による農・漁業被害などの報告をするよう担当課へその準備を求ました。