13年1月16日

倉敷駅高架事業は「費用対効果0・85」=県資料

 県主体の「倉敷駅鉄道高架事業」は、5年ごとに見直しが行われており、今年がその年に当たります。県当局が県議会で発表した資料では、「倉敷駅周辺鉄道高架事業」は、5年前のデーターより、2倍も”効果が薄い”結果となっています。

県資料によりますと「費用対効果」で「移動時間短縮便益(自動車)」、これは渋滞解消に役立つかどうかということですが、前回調査の3分の1です。つまり渋滞解消・「南北一体化」には、あまり効果がないことが浮き彫りとなっています。

日本共産党市議団は、この問題が浮上して以来、寿町周辺の渋滞は市当局が当初計画いた”地下道工事で行えば解決する。鉄道高架事業は、ムダ使い”と一貫して問題提起をしてきました。

なお伊東市長は、この県の試算に「県が費用対効果の数値だけを発表したのは、唐突」と不快感をを示した(山陽新聞)」とありますが、数値は数値として受け止めるべきです。

コメント3通 “倉敷駅高架事業は「費用対効果0・85」=県資料”

  1. 名無し 13年1月16日 10:33:33 #

    踏切を渡ってからの国道などの主要道までが詰まらないようにすることが渋滞解消の近道です。
    また、車線を増やして踏切用の信号を設置して一旦停車の義務を外せば平面交差で足るでしょう。
    流れ易くする標識・設備による誘導を織り交ぜた工夫でやっていけます。

    倉敷市は、「倉敷駅鉄道高架事業」をやりたいがために、不便をあえてそのままにしているものと考えられます。

  2. 名無し 13年1月16日 10:44:15 #

    財政・経済を破壊するばかりだ。大企業が潤(うるお)うばかりだ。
    アベ自民党・公明党連立政権は、財政を理由に社会福祉・社会保障をぎりぎりまで切り詰めてきたのに、国民の辛苦をそのままにして、借金をさらに増やす。ヤメロ!!!

     
     
    「2013年1月16日(水)
    13.1兆円補正予算案を決定
    政府 国債5.2兆円追加発行」

    しんぶん赤旗
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-01-16/2013011601_02_1.html

  3. 参考 13年1月16日 14:43:54 #

    「見込まれる便益を費用で割った費用対効果は0・85で、1・68だった前回算定(2007年度)から低下。事業に見合う効果が期待できる「1」を割り込んだ。」

    高架効果は事業費以下 倉敷駅周辺事業で県試算 – 山陽新聞ニュース
    http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2013011512463034/

トラックバック URI | コメント RSS

コメント募集中