13年1月6日

倉敷市立自然史博物館玉島展示=岡山県の外来生物

  ~ ご案内~

 もともと岡山県にいなかった生き物たちの紹介です。

●日時    平成25年1月4日(金)~1月31日(木)

●展示場所 玉島市民交流センター

外国から日本に入ってきた「外来生物」は2000種以上といわれています。ペットや園芸植物、食用などに人間が意図的に持ち込んだものと、外国から貨物に紛れ込んだり、飼われていた場所から逃げ出したりして拡がってしまったものとがあります。

 外来生物は ① 固有の生態系へ被害を与える ②農林水産業へ被害を与える ③人の生命や身体にも危険や被害を与える などの影響があります。

 入れない 捨てない 拡げない→外来生物被害予防3原則です。

 倉敷自然史博物館は中四国でも評価の高い施設です。市民への啓発活動にもなりどんどん館外に出かけていくことはいいことです。いい企画です。

コメント1通 “倉敷市立自然史博物館玉島展示=岡山県の外来生物”

  1. 名無し 13年1月7日 5:41:41 #

    > 入れない 捨てない 拡げない→外来生物被害予防3原則です。

    先ずは「入れない」が大切です。
    「外来生物」を輸入しないようにしてもらいたいです。
    次に、海外からの船舶・航空機による<侵入>を防いでもらいたいです。
    入れてしまうと、市町村財政にまで悪影響を与えます。

トラックバック URI | コメント RSS

コメント募集中