12年12月23日

ヌートリア騒動のその後

12月1日、我が家の池周辺に仕掛けられたヌートリアの捕獲ワナのその後です。

1週間ほど前に罠が撤去されていることに気づき気になっていたところ、1昨日(12/20)担当の玉島支所より連絡がありました。「6頭捕獲しましたので一応罠を撤去した」と。6頭もと少し複雑な思いでした。

コメント5通 “ヌートリア騒動のその後”

  1. 名無し 12年12月23日 22:09:36 #

    > 「6頭捕獲しましたので一応罠を撤去した」と。

    「ヌートリア」には、一頭が捕獲されても学習効果が働かないようですね。
    学習効果は大切です(笑)

    時間が経てばもっと増えますから、できるだけ早目に対処すべきだと思います。
    また、中途半端にならないように、徹底的にやるべきだと思います。

    ところで、「罠」の稼働率は相当高いのではないですか。
    それで、交換するのではなく、さっさと「撤去」せざるえないのではないかと思いました。
    なぜなら、効率的に「捕獲」できる地点を発見したのですから、目的を達成するのには好都合だからです。

  2. 白井浩子 12年12月24日 0:26:36 #

    大本さんの近隣の人々の家に被害はないのでしょうか。
    あたりに居る気配ですよね。
    そちらにも、罠を設置して、撤去したのでしょうか。

    大本家だけ、6匹ばかり捕獲しても、氷山の一角を崩したことにもならないと思われますよ。

    どこかで試みているように、賞金つきで広範囲にわたって多量に捕獲すべきではないでしょうかね。

  3. 大本よし子 12年12月24日 0:58:09 #

    我が家の畑に2箇所のけもの道があり、そこを通って移動していたようです。今回そこに罠を仕掛けました。罠の数と駆除班の数が少なく、市はぐるぐる回しで仕掛けているようです。先日の委員会で、その対策の強化を提起しました。ひき続き監視をしていきます。コメントいただきありがとうございました。

  4. 名無し 12年12月24日 18:44:03 #

    > 罠の数と駆除班の数が少なく、市はぐるぐる回しで仕掛けているようです。

    「罠」はそれほど高いものとも思えず、貴重な職員の時間を奪い、財政的には、人件費の無駄使いですね。
    十分な数の「罠」を一斉に仕掛けて根っ子がどの辺りか探すべきですね。
    一番(つが)いでも残れば殖えてしまいます。

  5. モモ 12年12月25日 21:07:21 #

    ヌートリア以外で、ネズミの駆除は市で対応しているのでしょうか。
    先日、住宅、近くでネズミの死骸がありました。
    たとえば、公園、役所、駅、公共施設、そして一般住宅などで対策、呼びかけは、されているのでしょうか。

トラックバック URI | コメント RSS

コメント募集中