12年12月16日

貧弱な「みなと公園」の防護柵

気になっていました「みなと公園」の海側への防護柵が、ぼつぼつ完成している頃だと思い調査に行きました。約束通り設置はされていましたが、あまりにも貧弱なのに驚きました。もう少し気を入れたものにしてほしかった。私は周囲と同じものが出来るとばかり思っていました。

 さて、今日は第46回衆議院議員の投票日でしたが、テレビのニュースによりますと、16時現在全国で34・87%と3年前施行のそれと比べて-6・9%。岡山県の同時投票率は、32・34%で前回(3年前)より-9・1%となっています。この投票率の悪さを何と解釈すればいいのでしょう。有権者の迷いの反映でしょうか。

コメント3通 “貧弱な「みなと公園」の防護柵”

  1. 名無し 12年12月18日 19:51:21 #

    新聞などのマスメディアの報道・解説から考え投票を重ねても明るくならず、無駄足を踏むのを避けるようになっているためでしょう。
    日本共産党がその受け皿になりきれないのが惜しいことです。

    PCの調子が悪くなり弄(いじ)っていたら徹夜となり疲れからか高熱を発してフラフラになりました。便所に行くのも大変でした(笑)
    咳(せき)は出ないので、呼吸器系ではないようです。
    高校生の頃に高熱で歩けず便所まで這(は)って行ったことがありますが今度も参りました。

  2. 大本よし子 12年12月18日 20:35:26 #

    名無し様
    いつもコメントくださるのにどうされたのかと心配していました。お大事になさってください。

  3. 名無し 12年12月18日 20:50:05 #

    心にかけていただきありがとうございます。

    トイレに行く以外は只管(ひたすら)寝ていました。
    トイレに行った後、冷たいお茶を飲んで<水冷>で熱を冷ましました(笑)
    これを繰り返していましたらフラツキや寒気が退散していきました。

    無理はいけませんね。

トラックバック URI | コメント RSS

コメント募集中