12年11月17日

福島とチェルノブイリ=<フォトジャーナリスト>森住卓 講演会

さよなら原発!倉敷アクション実行委員会主催の標記の講演会が倉敷商工会館大ホールで行われました。

森住卓さんは、世界各地の核汚染を取材。2011年の東日本大震災福島第一原発事故でも、直後から現地に駆け付け、放射線量の高い地域で現在も取材活動を続け、被害の実情を各地で講演しておられます。

語り口調は訥々としておられますが、写真を通しての被害の実情は、言葉以上に痛烈な告発です。

暮らしとふるさと、愛する家族をバラバラに引き裂き、すべてのものを一瞬にして奪ってしまった原発事故。奪われた福島の人々の悲しみと怒りが写真から伝わってきました。 NO Nukes!

帰りに最新刊「福島第一原発 風下の村」を購入しました。→

コメント1通 “福島とチェルノブイリ=<フォトジャーナリスト>森住卓 講演会”

  1. 名無し 12年11月18日 0:53:37 #

    「森住 卓」さんは、軽薄なジャーナリストではないようですね。
    誠実さを感じます。

    さよなら原発! 倉敷アクション実行委員会 | Facebook
    http://ja-jp.facebook.com/SayonaraYuanFaCangFuakushonShiXingWeiYuanHui?_fb_noscript=1
     
     
    森住 卓 ホームページ (Takashi Morizumi)
    http://www.morizumi-pj.com/
     
     

     
     
    インド東部ジャドゴダ・ウラン鉱山の村「それでも、ブッダは微笑むのか?」
    http://www.morizumi-pj.com/jadogoda/jadogoda.html

トラックバック URI | コメント RSS

コメント募集中