12年11月2日

復興予算は被災地に使え!

東日本大震災の復興予算が被災地再生とかけ離れた事業に使われていたことに改めて怒り心頭です。

たとえば、国営諫早湾干拓事業(長崎)の開門調査に備えた事業費としての9億6000万円です。この事業は被災地再生とは何のかかわりもありません。

もともと政府は、復興予算は、被災地再生を主な理由に引き上げを決めた所得税や法人税の増税分を財源としております。増税の趣旨からいっても不適切な使途です。

東日本大震災から間もなく1年8ヵ月がたとうとしているのに、復興は進んでいません。私は先の日本女性会議(仙台)に参加し、そのことを目で見、耳で聞いてきました。「復興予算は被災地に使え!」改めて民主党政権がいかに国民の思いとはかけ離れた政権であるか思い知らされました。一刻も早い解散・総選挙を求めるものです。

コメント2通 “復興予算は被災地に使え!”

  1. 名無し 12年11月2日 20:29:27 #

    > 法人税の増税分

    減税してからの増税で、法人税の増税と言えるのか。

    > 民主党政権がいかに国民の思いとはかけ離れた政権

    財界・自民党・公明党に尻を叩かれてやっているから、民主党だけを責められない。

    マニュフェストを棒引きして、嘘をつくのに不感症になったようだ。

    本物の受け皿となるべき日本共産党の勢いが足りないのが気掛かりだ。
    もっとしっかりせい!

  2. 名無し 12年11月4日 0:31:31 #

    民主党の<御都合主義>全開ですね。
    選挙が終われば恥じらわずに<ご破算>です。
    選挙後に使う「綱領」・「マニフェスト」を選挙前に見せてもらわねば前回に続いての騙(だま)まし討(う)ちになります。

    岡山県知事選では、岡山県の民主党の代表が、倉敷市内で開かれた自民党の候補の集会に出てガンバローと気張っていたそうです(笑)
    自民党と違わないからでしょう。

    「民主党が衆院解散・総選挙に向け、安全保障政策を争点化し、「中道」路線を掲げて党内の再結束を図ろうとしている。自民党の安倍晋三総裁や石原慎太郎前東京都知事らとの違いを出すのが狙いで、党執行部は「平和主義の基本は変えない」(安住淳幹事長代行)と主張する。ただ安保政策や路線を巡っては党内の意見の隔たりも大きく、曲折もありそうだ。」

    民主:安保で「中道」路線 党内再結束狙う- 毎日jp(毎日新聞)
    http://mainichi.jp/select/news/20121104k0000m010096000c.html

トラックバック URI | コメント RSS

コメント募集中