12年10月30日

34カ国声明 日本参加拒否は、核兵器禁止への努力に逆行

時間をつくって留守中(10/25~10/27)の新聞をまとめ読みしています。その中で

スイスなど国連加盟34カ国が22日、国連総会第1委員会(軍縮)で、核兵器の非人道性に懸念を表明し、「すべての国は核兵器を非合法化する努力を強めなければならない」とする共同声明を発表しました。日本は声明への参加を求められましたが、拒否しました

 >> しんぶん赤旗10/24日記事>>

私はこのニュースを読んで、唯一の被爆国政府が核の非人道性を強調する意見表明に同調しなかったなんて何ということか!強い憤りを感じます。(写真は七へんげの花)

コメント4通 “34カ国声明 日本参加拒否は、核兵器禁止への努力に逆行”

  1. 名無し 12年10月30日 22:33:43 #

    プルトニウムを溜め込み、将来に向けての核保有を匂わす。
    憲法の平和主義を骨抜きにし軍国主義に進もうとする勢力が跋扈している。
    悪性国家にまっしぐら。

    今回のことで、このことを世界が強く認識したでしょう。

    嫌われるアメリカ・イスラエル・日本。

  2. 大本よし子 12年10月30日 22:54:00 #

    名無しさま
    日本はアメリカの核戦力を含む「抑止力」に依存する政策をとっているため、核の非合法を目指す声明案に賛同すれば、政策的に整合性がとれないのでしょうね。アメリカへの忠誠?

  3. 平井昭夫 12年10月31日 11:35:38 #

    今朝の朝日新聞の投稿にも批判が載っていました。野田総理が8月の広島、長崎の平和式典で述べたこと、あれはまさに口からでまかせといっても過言ではありません。どこまでアメリカ追随なのでしょう。提案したノルウェーは日本と同じ「核の傘」の国。こんな政府をなんとしてもかえなければ。

  4. 参考 12年10月31日 13:56:12 #

    「個人情報流出 これでは不安は尽きぬ

    2012年10月31日

     千葉県船橋市役所の非常勤職員が、報酬目当てに探偵に個人情報を漏らしていた。プライバシーが丸裸になるような情報漏れだ。政府は共通番号制を導入する構えだが、これでは不安は尽きない。」

    「共通番号制により、政府が国民の個人情報を握る一方、国家機密として国民からのアクセスを難しくするような動きがあることも見逃せない。何度でも立ち止まって考えるべきだ。」

    東京新聞:個人情報流出 これでは不安は尽きぬ:社説・コラム(TOKYO Web)
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012103102000115.html

トラックバック URI | コメント RSS

コメント募集中