12年6月3日

6/1今年3回目の光化学オキシダント注意報

今年早くも3回目の注意報です。5/9、5/24、に続き3回目です。

時間帯は、14:45~17:10です。因みに昨年23年度は年間通じて4回でした。今年はかなりハイペースです。何が原因でしょう。私は強い関心を寄せています。以後も注意報が出るたびに本稿に記載していきます。<<倉敷市大気監視情報

コメント2通 “6/1今年3回目の光化学オキシダント注意報”

  1. 名無し 12年6月3日 9:07:09 #

    岡山県内、中国地方、全国、どれも同じ傾向なのでしょうか。
    前年までと比べて、基準や温度や生産活動による排出量に違いがあるのでしょうか。測定機器に異常があるのでしょうか。
    火力発電所のある地域にこんなことが起きているなんてことは無いでしょうね(笑)

  2. 名無し 12年6月3日 14:37:19 #

    ①記録が残り、便利ですね。

    光化学オキシダント注意報等のメール配信登録 – 岡山県ホームページ
    http://www.pref.okayama.jp/page/detail-31572.html

    ②「0.115ppm」でも「今後日差しが強くなり濃度が高まると判断した。」ようですね。従来からこうだったのかな。

    放射能もそうですが、公害が国際化しています。
    原子炉を売るのを禁止して、環境保全のための設備を輸出してもらいたいですね。

    「2012年05月07日

     九州地方が高気圧に覆われ気温が上昇した7日、福岡県は福岡市早良、西両区に今年初となる光化学スモッグ注意報を発令した。福岡県の発令は09年5月以来3年ぶり。福岡市内は晴天にもかかわらず、大気が白くかすんだ。

     7日午前10時現在、大気中の光化学オキシダント濃度は西区元岡で0.126ppm、早良区祖原で0.115ppmを記録した。一般的には0.12ppmを超えると注意報を発令するが、福岡県は今後日差しが強くなり濃度が高まると判断した。

     大陸で発生したオキシダントが北西の風に乗って流れ込んだとみられ、県内工場への排出規制はしていない。県環境保全課は外出や屋外での運動を控えるよう注意を呼びかけている。【金秀蓮】」
    光化学スモッグ注意報:福岡で3年ぶりに発令- 毎日jp(毎日新聞)

    http://mainichi.jp/select/news/20120507mog00m040004000c.html

トラックバック URI | コメント RSS

コメント募集中