12年11月27日 の記事

12年11月27日

倉敷国家石油ガス備蓄基地行程のおくれの原因はモーター?

先の市議会文化産業委員会(11/15)で報告のあった「国家石油ガス備蓄基地の行程遅れ(稼働)の原因はモーターにあり」との調査報告が 独立行政法人  石油天然ガス・金属鉱物資源機構から市へ ありました。これは私が委員会で求めていたもので、11月22日付けで担当局長名で報告が届きました。以下その報告を記します。

              記

高圧ガス保安法に基ずく岩盤貯槽の気密試験合格後、総合試運転に向けた準備の一環として貯槽内に一旦溜めた工業用水(約83万㎥)を本年9月末から11月中旬にかけて排水する計画でありました。

現在も排水を継続していますが、計画遂行のためにはモーターのフル回転が必要ですが、モーターに大きな負荷をかけすぎないよう回転を抑えて運転をするよう見直をしたため遅れることとなりました。

そのため、現在の排水量では12月中旬に排水が完了し、その後の総合試運転を経て12月下旬の完成を目標としています。

以上 とあります。私はこれを聞いて思いました。そんな簡単なことは事前に計算済みの事だと思いますが~。

          

12年11月27日

議会前県政・市政懇談会

26日夜、倉敷労働会館で党市議団主催の「議会前県政・市政懇談会」を開きました。

市議団から ①来年度予算要望事項について ②11/16日行った政府要望行動 ③11月議会に提案されている予算と議案等について報告しました。その後、参加者からの報告に対する質問や11議会に向けての要望など、活発な意見交換をしました。出された意見の主なものを記します。

①南海トラフの巨大地震への対応は。②水島リフレッシュ構想は市民の目線ではないのでは ③臨鉄の乗り入れは ④学力向上対策の具体化は ⑤TPPについて議員や市はもっと勉強をしてほしい、国レベルの問題ばかりではない。地方自治体に大きな影響が・・・たとえば入札など ⑤原発ゼロ、自然エネルギー政策を ⑥市民農園をもっとひろげて ⑦倉敷駅周辺の区画整理事業関係団体からの現状報告など。とても活発な懇談会でした。